洋服を作る人*crochetpicot*

おとなワンピースの制作・販売。 *crochetpicot*のブログです。

カテゴリ:☆handmadeの洋服 >   ドロップショルダーワンピース


ロマンチックが止まらない
洋服屋の
crochetpicot(クロッシェピコット)です

━─━─━─━─━─

先日リクエストをいただきまして、
ドロップショルダーのワンピースを
久しぶりに作りました。
20170523_101127
生成り色のハーフリネンで作った
ドロップショルダーワンピースです。
20170523_101250
身幅と肩幅を広く取っていて
肩のラインが腕の方に落ちているので
ドロップショルダーのワンピース。

とても着やすい形です。


生地は違いますが、
同じパターンを使ったワンピースを
着ています↓
20161115_122142
身幅は広いけれど
ダボっとしすぎないところはが優秀な
かわいく着られる形です。


今回作った
ドロップショルダーのワンピースは
裾を切り替えて
USAコットンをプラスしました。
20170523_101209
この生地の名前は
「book pressed memories」
(本でプレスした思い出)
と言います。

ロマンチックー♡
押し花を連想させる、かわいらしい生地ですね。

気に入っていただけると嬉しいです。


━─━─━─━─━─

 crochetpicotの洋服は
minneCreemaでご覧いただけます

既製服では見つけられない
すてきな生地の洋服を制作販売しています。


ランキングに参加しています。
一日一ポチリ嬉しいです。励みになります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ

昨日から大雪降って
もう勘弁。
洋服屋の
crochetpicot(クロッシェピコット)です。 

━─━─━─━─━─
 
私の母(御年7?才)は
洋裁と編み物(機械編み・手編み)の
筋金入りの講師です。
 
40年以上自宅で編み物教室を主宰しています。

母は近所に住んでいるので
よく遊びに来るのですが
そのたびに
私が洋服を作る時に出るハギレを持ち帰ります。

洋服を作ると
縦長のハギレがたくさん出るんですよね。
20161120_145045
私は、このハギレを
何かに使えそうだなと思いつつも
保管場所もないので
廃棄することが多いのですが、

もったいない世代の母にとっては
「それ、まだまだ使えるじゃないの。」
と言うことになります。

私のハギレは長細いので
当然そのままでは洋服に仕立てることはできません。

母は
そのハギレをパズルのように接いで
洋服を作ってきてくれます。

それこそ
山のように作ってくるので
完成した洋服は
お友達に差し上げたりしている模様です。

編み物の生徒さんには格安の500円で
販売もしているらしいです。
ここら辺は母も立派なお商売人です。

そんな母が先日は
作った洋服を着て
見せてくれました。
20161209_094957
おーかわいい。
これは私のデザインした
ドロップショルダーのワンピースの型紙で
作ったワンピースではないですか。

振り向きネコと
木いちごリネンのハギレを使っています。

どちらも身ごろの中心で接いでいるのですが
気になりませんね。
20161209_095002
さすがです。

どちらの生地もとても人気のある
質の良いものなので
最後の最後のきれっぱしまで洋服に仕立ててもらって
私もすごく嬉しいです。

そしてまた、
ハギレを出してきて
次の洋服の構想を練る母。
20161209_095108
次回作も期待しています。

━─━─━─━─━─

そしておまけの
はむちゃんショット。
20161210_114811
昨日今日と大雪降ったので、
近所の公園に
雪を漕ぎに行ってきました。
ぴょんぴょん飛び跳ねて面白かったです。
20161210_114813 (1)
雪かきは大変でしたけどねー。

━─━─━─━─━─

かわいいポンチョワンピがたくさん並んでいます。
crochetpicotのギャラリーをどうぞご覧くださいね。
minneCreemaでお待ちしています。

━─━─━─━─━─


ランキングに参加しています。
一日一ポチリ嬉しいです。励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ

みかんがいっぱいみかんドット。
洋服屋のcrochetpicot(クロッシェピコット)です。

━─━─━─━─━─

アクリル絵具で描いた原画を
生地にプリントしています。

20161115_131236
ミニミニみかんが並んでとってもキュート♡

遠目に見るとかわいい山吹色のドットですが
近くで見ると
みかんです。

このみかんドットのオリジナルファブリックを使って
ワンピースを作りました。
20161115_121051

一癖ある
こんなプリントデザインが大好きです。
20161115_121111
ふふふ。お友達にも
自慢したくなる
みかんドットでしょ。

その上このワンピース、
かわいいのは生地だけではありません。
一からパターンを引いて
楽な着心地とスッキリシルエットを追求したワンピース。
20161115_122142

身幅と肩幅を広く取っていて
肩のラインが腕の方に落ちているドロップショルダーの
ワンピースです。
20161115_122142 (1)

ゆるっとしたラフな着心地が
魅力なんです。



お友達とのランチに着て行ったら
「えー!それ みかんなの?」って
会話が弾みそう。
20161115_123127

それから
ゆったり過ごしたい休日に着るのもいいですね。
ゆとりのある着心地がリラックスしたい休日にもぴったりです。
少し厚みのあるハーフリネン素材が
ざっくりしていて安定の存在感を放ちます。

お天気の良い日は
さっとカーディガンを羽織って
公園にお散歩に行くのも
気持ち良さそう。
20161115_122955
20161115_122823

ロングカーディガンともぴったり調和しています。
20161115_121149

crochetpicotのオリジナルファブリック
他所では絶対に買えません。

小ワザの効いたみかんドットのワンピース。
特別な一着をお届けします。

━─━─━─━─━─

 crochetpicotの洋服は
minneCreemaでご覧いただけます

既製服では見つけられない
すてきな生地の洋服を制作販売しています。
冬物ワンピもありますよ。 


ランキングに参加しています。
一日一ポチリ嬉しいです。励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ


連日オリンピックで盛り上がっていますが、
私は夜ふかしはしないので、
乗り遅れ感が否めない。
洋服屋の
crochetpicot(クロッシェピコット)です。

━─━─━─━─━─

秋物の洋服が
気になる季節になって来ましたね。

私のところにも
秋色のワンピースのお問い合わせが
多くなってきています。

先日オーダーいただいたワンピースも
初秋から着られる
黒のワンピースです。
CIMG5263
薄手のハーフリネンで作っていますので、
日中に暑さが残る季節にも快適で、
CIMG5285
涼しくなってくる朝晩は
カーディガンを羽織って調節できます。

裾の切り替え下は
コデマリ模様のネイビーコットン。
CIMG5294
重くなりがちな黒のワンピースに
軽さと華やかさをプラスしました。
CIMG5290

秋になったら
すぐに大活躍してくれる
薄手ハーフリネンのワンピース。
CIMG5279
今から準備しておいて
涼しくなったらすぐに着たいですね。




***お知らせ***

crochetpicotは
9/2(金)に
「ミンネとパルコのミエルツアーSAPPORO」に参加します。

***crochetpicot参加日***
日時 2016.9.2(金) 
10:00~20:00
場所 
札幌PARCO 7F・スペース7

12

新作ワンピをたくさん揃えてお待ちしていますので
ぜひぜひ会いにいらしてくださいね。

━─━─━─━─━─

crochetpicot
のワンピースは
minneCreemaで販売しています
大量生産の既製服にはない色合いを
お届けします。

━─━─━─━─━─

ランキングに参加しています。
一日一ポチリ嬉しいです。励みになります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ


シュッとしたハンサムワンピースの紹介です。
洋服屋の
crochetpicot(クロッシェピコット)です。

━─━─━─━─━─

今日紹介するのは、
大人の女性にぜひ着てもらいたい
コデマリ柄のワンピースです。
CIMG4854

コデマリ↓
500-KQ003L (1)


ネイビーベースに白くポンポン咲いたコデマリ。
CIMG4869
シュッと描かれた葉が
かわいらしさの中のカッコ良さを印象付けます。
CIMG4860

今回は
 秋口から着られるように長袖に仕立てました。
CIMG4876

更に、
ウエストリボンでマークすると、
エレガントなお出かけ用ワンピースに変身します。
CIMG4886


かわいらしさと落ち着きを兼ね備えた
クールな花柄
1

小粋な着こなしで
ハンサム女子を気取りたいですね。

━─━─━─━─━─

いつもブログで紹介している洋服は
定期的に
minneCreemaにUPしています。


ランキングに参加しています。
一日一ポチリ嬉しいです。励みになります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ


 

↑このページのトップヘ