洋服を作る人*crochetpicot*

おとなワンピースの制作・販売。 *crochetpicot*のブログです。

カテゴリ:☆handmadeの洋服 >   シルクスクリーンワンピース


久々の美容院。
マッサージでカクっと寝そうになる洋服屋。
crochetpicot(クロッシェピコット)です。 

━─━─━─━─━─ 

たまにしか美容院に行きません。
(時間がもったいなくてねー。。。)

よ!久しぶりー。といつもの美容師さんにご挨拶して座ります。

この美容師さんは若い女の子だけど
あんまり話しかけてこないので、
快適です。
たまに話しかけられても
「もうちょっと、マメに来てくれないとー困りますよー。
私に挑戦してるんですかー。」
などとポツポツお話し(と言うか苦情。)してくれて終了。
フランクな彼女が好きですねー。

たまにしか行かなくてもすてきにカットしてくれて、
多少のびてもそれなりに見えるように工夫してくれる彼女に
職人を感じます。
若いのにツボを押さえていてエラいねえ。

美容室不真面目な私ですが、
これからもよろしく頼みます。
たまにしか行かないけど、すてきに見えなきゃ嫌なの。
ワガママでゴメンナサイネ。

━─━─━─━─━─

そして今日もまた、
オーダー品を製作しています。

creemaに出品していた
シルクスクリーンのポンチョをご注文いただきまして。

今日から製作。
CIMG2745

生成りのハーフリネンにブルーのハンドプリントです。
開きかけた蓮の花がオリエンタルで
エキゾチック。
CIMG2740

もう少しで完成します。


明日は黒とネイビーのポンチ素材で
ワンピースを製作予定です。
CIMG2730
しっかりしていてお洗濯にも強いポリエステルのニット素材は
お仕事用にと注文される方が多いです。

適度に伸び縮みするので動きやすく
丈夫な素材なのが喜ばれているみたいです。

今日は早く寝て、
明日のミシンに備えます。


crochetpicotのワンピースは
minneCreemaで販売しています。

現在ギャラリーの洋服はsoldoutが多くなっていますが、(ゴメンナサイ)
新作ワンピースは定期的に更新しています。
新作情報はfacebookページからもチェックできますよ。


ランキングに参加しています。
一日一ポチリ嬉しいです。励みになります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ



 


明日はムスコの高校の入学式。
そんな自覚もなく当のムスコは朝から体育館へ遊びに行き
8時間も過ごしてきました。
一体ナニをしてきたんだろう。
聞いてもろくな答えが返ってこないので
そっとしておく
ハンドメイドの洋服屋crochetpicot(クロッシェピコット)です。

.。o○.。o○.。o○.。o○


春のイベント最終章です。
入学式が終わったらとうとう学校が始まります。
やったー。
私の子供は3人とも運動部に入っています。
学校からの帰宅は夜の8時ころになるので
ミシン掛けがはかどりそうな予感に
ウキウキしています。
春っていいですね。



昨日お伝えしていましたが、
シルクスクリーンのポンチョをUPしました。
CIMG8497

CIMG8540

minne
Creema
でご覧いただけます。

開花直前の蓮の花をイメージしたオリエンタルなプリントです。
CIMG8508

汗ばむ季節もさらっと着ていただけそうな
国産ハーフリネンの清々しいポンチョです。


ごゆっくりご覧ください。

minne
Creema



ランキングに参加しています。応援ポチリお願いします。励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ
にほんブログ村


今日は髪を切りました。
私はショートが好きで、いつも短くしています。
この冬、いつもより長めにしていた襟足も
今回は短く切りました。
あったかい季節はいいですねー。
心も軽くなりましたよ。
ハンドメイドの洋服屋crochetpicot(クロッシェピコット)です。


.。o○.。o○.。o○.。o○


私は趣味でバスケットボールをするのですが、
長い髪だとどうしても邪魔になってしまうので、
いつもショートスタイルで過ごしています。

と言っても、
そんなに気合入れて練習するわけではないんですよ。
週に一度、
同年代の人たちがいろいろな所から集まって来て
バスケットだけ楽しんで帰る。
それぞれの日常は持ち込まずにバスケットだけするんです。
合言葉は『今日も怪我なく。』
それがなんとも居心地よくて
気が付けば20年以上同じメンバーで
バスケットしています。
私のストレス解消に一役買っています。

.。o○.。o○.。o○.。o○


さてさて、前置きが長くなりました。

シルクスクリーン印刷のポンチョの紹介です。
CIMG8540

先日お知らせしたシルクスクリーンのポンチョの色違いです。
今日のはブルーの蓮の花。
CIMG8551


開く直前の蓮の花をイメージして描いた下絵を
印刷しました。
CIMG8340

CIMG8544

オリエンタルな印象の爽やかなブルーと
生成りのハーフリネンが相性いいですね。

CIMG8568



シルクスクリーン印刷のポンチョは
minneCreema
明日(4/7)販売開始の予定です。 

 
.。o○.。o○.。o○.。o○




昨日、バスケットの練習日だったので、
今日は頭も体も快調で、

受注製作のポンチョ作りも
スイスイ進みました。
CIMG8646
ドルフィンブルーはいい色だなー。
としみじみ。




 
ランキングに参加しています。応援ポチリお願いします。励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ
にほんブログ村


好きなことばかり。
毎日しています。
今日もミシン掛け。
幸せな人生です。
ハンドメイドの洋服屋crochetpicot(クロッシェピコット)です。 

.。o○.。o○.。o○.。o○


札幌も暖かい日が増えてきました。
今日はポカポカお日様が暖かかったので、
いつものポンチョにカーディガンを羽織ってお出かけ。
コートいらずでした。


春の明るい日差しが嬉しい季節がやって来ましたね。


心まで軽くなりそうな
ふんわりした洋服をイメージして、
先日シルクスクリーン印刷に行ってきました。
CIMG8340
その時の記事はこちらです。




薄手の白いハーフリネンに
春風薫るピンク色の花を印刷しました。

ひとつひとつ手作業で、
じっくり時間をかけたポンチョです。
CIMG8497




今回は2色刷りで仕上げています。
濃いピンクと薄いピンクで花びらを印刷しました。
CIMG8508



胸元にも
春風になびく花びらを飛ばして。
CIMG8498


このポンチョを着たら
自然と笑顔があふれそう。


CIMG8529


新しく始まる季節の装いにぴったりの
ふんわり軽いポンチョです。




CIMG8538
薄手の白い生地なので透け感があります。
インナーを工夫して着てみてくださいね。
画像では、中に黒いキャミソールを着ています。




このポンチョは今週中にminneCreemaで販売開始の予定です。
もう少しお待ちくださいね。





 
ランキングに参加しています。応援ポチリお願いします。励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ
にほんブログ村


シルクスクリーン印刷は楽しかったのです。
時間を忘れて作業しました。
家に帰ったら日常が待っていた。
ご飯したくがメンドクサクテ
暴れそうになったのは
この私です。
ハンドメイドの洋服屋crochetpicot(クロッシェピコット)です。


.。o○.。o○.。o○.。o○
 

昨日からお知らせしていますが、
今日はシルクスクリーン印刷に行ってきました。

ポンチョにお花を咲かせます。


写真を撮るわよ。と昨日から意気込んでいたので
今日は忘れませんでした。
写真撮りました。


シルクスクリーン印刷は
この、スチールの枠に
CIMG8316

紗(しゃ)を貼るところから始めます。
紗(しゃ)はメッシュのような薄い布です。
CIMG8325

これに乳剤を塗って乾燥させ

黒インクで絵を書いた図案を敷いて
CIMG8330


露光機で紫外線を当てると
CIMG8326

黒以外の部分が固まります。

黒いところは固まっていないので
水をかけると溶けて
図案の部分のみメッシュになり
CIMG8336

染料が通るようになります。

うーん。
説明が上手じゃなくてすみません。


ここからは私の大好きな作業。

出来上がった版に染料を乗せ
スキージを下方向に滑らせると
CIMG8340

図案の部分がきれいに印刷できました。
CIMG8343


今回は2色刷りなので、
色を変えてもう一度。
CIMG8344


ほらほら。
すてきなお花の完成です。
CIMG8348
丁寧に慎重に印刷しました。

すべて手作業で仕上げていますので、
染料の濃淡・かすれ具合なども
それぞれです。
全く同じものは2つと出来ませんが、
それこそがシルクスクリーンの持ち味です。

今回は、
青のお花も印刷しました。
CIMG8349


近々minneで紹介しますので、もう少しお待ちくださいね。
CIMG8355



minneCreemaではハンドメイドの洋服を販売しています。



 
ランキングに参加しています。応援ポチリお願いします。励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ